《地震災害時における対応の基本方針》

基本的な考え方

 *園児の安全確保を第一優先とします。

 *避難については、地震の規模・発生時刻・施設等の破損状況

 などを勘案し、安全かつ確実に行うよう努めます。

 

■ 災害時の幼稚園の対応

  保護者へ引渡しする地震規模の目安

 (1)震度5強以上の場合

 (2)震度5強以下でも①~④の場合

   ①園施設のライフライン(水道・電気等)がストップした

    場合

   ②園施設を含めた建物や道路に被害が及びその安全性が懸念

    される場合

   ③ほとんどの交通機関が運休するような状況の場合

   ④その他、行政、教育委員会等が指示した場合

 

*登園前・・・自宅待機~連絡があるまで休園

*登園時間中・・・徒歩通園者は、一旦安全と思われる場所に移動して、落ち着いたら自宅に戻る(自宅待機~連絡があるまで休園)

園バスは、運行を中止し、しばらくその場で(安全確保ができる場所で)待機。安全に運行できそうなら、園まで戻る。園にて引き渡し実施。

*保育中・・・直ちに園児を引き取りに来てください。(お迎えが来るまで園児を預かります)

*降園時間中・・・徒歩通園者は、直ちに園児を引き取りにきてください。(お迎えが来るまで園児を預かります)。園バスは、登園時と同様。

*降園後・・・自宅待機~連絡があるまで休園

 

■ 幼稚園での防災訓練・避難訓練(地震、火事、竜巻、不審者)

 幼稚園では年に10回ほど、訓練を行います。

  H28年度は下記の通りです。

 ①4月・・・避難訓練(食後に地震)

 ②4月・・・防災訓練(クラス活動中に竜巻)

 ③5月・・・防災訓練(自由遊び中に地震)

 ④5月・・・防災訓練(登園・降園中に保護者と共に地震)

 ⑤5月・・・防災訓練(戸外遊び中に竜巻)

 ⑥6月・・・避難訓練(食後に火災)

 ⑦7月・・・防災訓練(自由遊び中に地震)

 ⑧9月・・・避難訓練(ホールに全員いる会の最中に地震)

 ⑨10月・・避難訓練(食後に地震→火災で全員園外へ避難)

 ⑩11月・・防犯訓練(正門から不審者侵入)

 ⑪1月・・・避難訓練(大地震)

 

 上記の他、一学期に保護者への引き渡し訓練も実施します。

避難訓練の様子

  裏門から園外を回って正門に戻ってくる練習。

  実際にはこの限りではありませんが、いろいろな状況を想定して

  訓練しています。

■消防の方にお越しいただき、起震車の体験をしました。

  「こんなふうに揺れたらどうしよう!」みんなで体験し、

   考えます。